FB etc.

先日「Facebookのアメリカユーザーの情報(電話番号だったかな)が再び漏洩した。」
というニュースがありました。さらに、GoogleとAppleの情報漏洩やセキュリティー関連の
バトル。。。

オンラインレッスンを再開しようと長い間周りの様子を伺ってきましたが、
これだけ大きな会社でもこのような状況のセキュリティーの問題に
ITに強くはない人間が一人体制で向き合うにはあまりにも大きな問題だな。と。

自分の経験から、今でも名前、電話番号、住所、メールアドレスのすべての情報が
漏洩するのは危険だと確信していますので、まずはその点から。

 

1.ご本人確認について

体験レッスンで対面式の本人確認を行います。その時に必要なものは

顔写真入りの証明書。(免許書、パスポート、学生証など)

その写真の部分とお名前の部分だけを画面にご提示ください。

住所や電話番号などは画面にみえないように付箋などを張り付けておいてください。

ご本人確認は顔写真と名前のみとさせていただきます。

 

2.なるべく電話番号などが紐づいていない媒体を使って連絡を

取りたいと思います。現在当スクールはFacebookを利用していますが、

instagramに変更しようと考えています。

たしかインスタグラムは本名や電話番号なしで登録できるという覚えがあります。

もし現在instagramをご利用中の場合は、facebookと繋がっていないことを

ご確認ください。

もし繋がっている場合は、もう一つアカウントを作成するのがよろしいかと思います。

当スクールのページに個人的な内容を投稿する際は特にそのようなアカウントをご利用ください。

 

3.ご利用のパソコン、タブレットは毎日使っているものとは別のもの

(昔使っていたものなど)をご利用になり、アドレス帳などは

削除しておくことをお勧めします。(そうすることで、何かがあったときいろいろな方に

連絡する必要がありませんし、パソコンを初期化するか別のものに変更するだけでよいので。)

 

4.wifi利用の場合は「ランダムハードウェアアドレスを使う」

『この「ランダムハードウェアアドレス」機能を利用すると、外出先からのWi-Fiで

MACアドレスを利用した追跡をされにくくすることが出来ます。 』とのことです。

windows10の場合は、
1.[スタート] ボタン – [設定] をクリックします。
2.設定画面が表示されるので、[ネットワークとインターネット]を開きます。
3.[ネットワークとインターネット]画面が表示されるので、画面左側のメニューから「Wi-Fi」を選択し、画面右側にある、 [ランダムなハードウェアアドレスを使う] を[オン] に変更します。

 

 

5.当スクール宛てに振込を行う場合、送金画面上で電話番号を入力しない。

会員番号をお渡ししますので、その番号をご入力ください。

 

現在個人情報を守るために考えられる事はこのくらいかな。。。

もし他にあればまたご連絡いたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です